Pale Cocoon - 繭 (Mayu) (2LP) '20

型番 RA-00-200530-01
販売価格 3,080円(税込)
購入数

conatala / Incidental Music / Japan / 2020 / conatala-001 / INC004
Media: New
Jacket: New
<コンディションについて - about condtion>

4月に下北にオープンしたハイセンスなレコード・ショップPianola Recordsが運営するレーベルconatalaが、ポートランドのレコードショップ兼レーベルIncidental Musicと共同で製作した日本のアヴァン・ポップの最秘境とも言われる超入手困難な'84年のカセット・オンリー作「繭」の2枚組アナログ化!Durutti ColumnやWooを彷彿とさせる白昼夢的サウンドで、リリース前から国内外でも話題となっていた素晴らしいリイシュー。詳細は以下レーベルからのインフォをどうぞ。

<レーベル・インフォ>
1980年代初頭、Pale Cocoonのメンバーである川端強は、富山でアルバム作曲中、繭から飛び出すような鮮やかなイメージを持っていた。自宅のスタジオにある4トラックレコーダーでの作曲から、より大きなスタジオに移り、Pafe Recordからリリースしている他のミュージシャンらの助けを借りて楽曲をアレンジ。オープンリールに変換し、Pale Cocoonのフル・アルバム『繭』を完成させた。

川端は『繭』の制作過程で、インスピレーションを受けたベルギー象徴主義絵画のように日常生活の繊細なニュアンスを拾い上げ、自然の音を表現するために各パートをストイックに作り込んでいる。渦巻くシンセサイザーやノイズで表現された日本の夏の風景。きらめくようなギターの音は雪の結晶をイメージしている。こうした音の客観性にこだわる川端の純粋なアプローチは、音そのものののより深い精神性を呼び起こすような作品の表現において、とても重要な役割を担っている。__「物質ではなく、それが生み出す現象を描写する。」とフランスの詩人ステファン・マラルメが書いたように。

そのようにして、自然の音を模した音楽表現が散りばめられた『繭』のサウンドスケープが生まれた。アルバム1曲目を飾る「Sora」は、彼らの内省的な世界への扉として機能している。 リコーダーの目まぐるしい旋風から、恍惚としたギターやシンセサイザーへと変化する様は、WooやCluster、Penguin Café Orchestraの多幸感を想起させる。

次の曲「Shunmin」では『繭』の幻覚へと深く入り込み、エフェクト処理されたアコースティックギターと、コズミックなキーボードアレンジを先導する催眠的なドラムマシン・プログラミングがゆらめくような雰囲気を作り出している。Cherry Red RecordsやThe Durutti Columnのようにドリーミーなポストパンクの影響が感じられるかもしれない-(The Durutti Columnは1984年の日本ツアー中にPale Cocoonと同じステージに立っている)が、しかし、この作品は間違いなく川端の特異なビジョンであり、製作者たち(同郷・富山のオリジナルリリース元であるPafe Recordと、本作での演奏にも参加した同レーベルに所属するグループFuneral PartyとVirgin Mayonnaise)の原風景に通じている。

A1 Sora 4:07 Listen!

A2 Shunmin 2:43 Listen!

A3 Musoukyoku 4:07 Listen!

B1 Mizutamari 4:07
B2 Onshitsu 8:15
B3 Kumoatsume 4:55
C1 Toy Box 2:56
C2 Laboratory under the Bluesky 3:24
C3 Room=Manhole 3:21
D1 Automatic Doll 4:23
D2 Microscorp 2:57
D3 FLALORM 5:13



Top