Clan Caiman - Asoma (LP) '21

型番 RA-00-210319-03
販売価格 2,420円(税込)
購入数

- NEW RELEASE -
EM Records / Japan / Japan / EM1195LP
Media: New
Jacket: New
<コンディションについて - about condtion>

アルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタリスト、Emilio HaroによるClan Caimanによる新作がEM Recordsから再び登場。カリンバを改造したHaro自身の創作楽器のKalimbafonとラップスティールギターやパーカッションによる幻想的で夢心地な室内アンサンブル。エスノ・アンビエントのオススメ盤。
以下は詳細なレーベルからのインフォとなります。

アルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタリスト作家、エミリオ・アロが「架空の部族の奏でる音楽を空想する」というコンセプトで結成した5 人編成のバンド、クラン・カイマン(和名:カイマン族)。デビュー作『ClanCaimán』(2018)は、ハイラマズ、VIDEOTAPEMUSIC、トータス、トミー・ゲレロ、マーティン・デニー好きなどに幅広く聞かれるアルバムだった。注目の2 作目である本作『Asoma ( 英語でRises)』でもカリンバを改造したアロの創作楽器<カリンバフォン>がアンサンブルの要となって地域不明のエスニシティーを匂わせるが、高いミュージシャンシップを持つアルゼンチンの演奏者達をして前作以上に抑制を課した編曲と演奏には<故意の退化>という方向での進化(深化)が聞き取れる。「ヴォーカルもシンバルもファンファーレもありません」とアロ自身が説明するように、8 つの楽曲には気を引く派手な編曲や和声進行上のクライマックスを捨て去った上でのメトロエスニシティー感覚が、その演奏の音場には怪しい生暖かさと催眠性が充満する。高湿度の空気を封じ込めた装丁デインは今回もSebastian Duran とIan Kornfeld。

A1: Asoma
A2: Cacería
A3: Tribu
A4: Avalancha
B1: Risco
B2: Yaguareté
B3: Deriva
B4: Serendipia



#ambient #ethnic

UPDATED: 2021.03.19
AVAILABILITY: IN STOCK

お買い上げ金額11,000円以上(税込)で送料無料!

お買い上げ金額11,000円以上ご注文のお客様には送料を無料にさせていただきます。
(沖縄・一部離島を除く:上記金額以上をお買い上げの方にはゆうパック送料より500円(税込)を割引かせて頂きます。)

一ヶ月間お取り置き可能

初回ご注文より一ヶ月ほどのお取り置きが可能です。

Discogsにも当サイトに未掲載のアイテムを出品しています。

ご不要のレコード買取ります!

レコードの買取も随時行っております。郵送での買取はもちろん、出張買取も行っておりますので、ご不要のレコードがありましたらこちらのお問い合わせフォームより是非ご連絡ください!

Top