Masaya Kato & Miwa Okuno - Notes For The Mutation (CD) '22

型番 MATTER021
販売価格 2,750円(税込)
購入数

- NEW RELEASE -
Matter / Japan / 2022 / Matter021
Media: New
Jacket: New
<コンディションについて - about condtion>

DJとしても活躍する濱崎幸友を中心に、サウンドデザイン・プロダクトデザインなど、様々なメディアにアプローチするサウンド&デザインレーベルとして活動する東京のSTUDIO mAtterの新作は、音楽家の加藤雅也と、ダンサー/振付家の奥野美和によるコラボレーション。奥野美和による、インプロビゼーションの際に発生する呼吸音や衣擦れの音、加藤雅也によるフェンダーローズの演奏と共に、フィルムなどの磁器ノイズや環境音のフィールド録音など、空間に溶け合う音・空間を採取したCD作品。装丁も素晴らしいおすすめの1枚です。

以下レーベルからのインフォメーションです。

サウンド&アート・レーベル mAtter から久しぶりの日本人作家による異色のコラボレーションが遂に解禁!これまでも空間的、かつカッティング・エッジな作品 のリリースで世界の作家をリリースしてきた mAtter から、そのリリースにより強固にするような作品が発表される。フェンダーローズを弾き、静謐なテクスチャー を使い、あくまでその空間をスケッチするような作品で定評のある加藤雅也 (Masaya Kato) は、コラボレーションの相手として、生活とダンスの境界線をなくすよ うなダンス / 振り付けに挑み続ける奥野美和 (Miwa Okuno) の、「ダンスする音」を採取した。音楽家、ダンサー / 振付家、共に空間を意識する事で作品が成立する 二人が織りなす「時間」は、我々の日常的に発せられる音とも交わり、それはその時の音楽として成立する余白を持たせた作品として我々の耳に届けられる。
ダンサー/振付家として活動する奥野美和による、インプロビゼーションの際に発生する呼吸音や衣擦れの音、それに並行し加藤雅也によるフェンダーローズ演奏、未録音の空のオー プンリールテープ・映画用8mmフィルム・VHS等の磁気メディアの持つノイズによって構成されたレイヤー、水や風といった非定形物の環境音、そしてその各要素間における間合 い、それらすべてを等価値と捉え曲へと再構築させる事でその各要素は空間に溶け合う一つの「現象」として成立し、更に身体が身体であり、物質が物質である、という諸要素の 自同律の瓦解により朧げに形作られたその「現象」自体が、詩情として存在の孕む恣意性への受容と肯定に繋がる事への期待が本作には込められています。

01 Anaphora - 12:34
02 Scan - 16:00
03 Elision - 11:58


Masaya Kato & Miwa Okuno "Notes For The Mutation" from mAtter on Vimeo.



#experimental #ambient

UPDATED: 2022.05.17

お買い上げ金額11,000円以上(税込)で送料無料!

お買い上げ金額11,000円以上ご注文のお客様には送料を無料にさせていただきます。
(沖縄・一部離島を除く:上記金額以上をお買い上げの方にはゆうパック送料より500円(税込)を割引かせて頂きます。)

一ヶ月間お取り置き可能

初回ご注文より一ヶ月ほどのお取り置きが可能です。

Discogsにも当サイトに未掲載のアイテムを出品しています。

ご不要のレコード買取ります!

レコードの買取も随時行っております。郵送での買取はもちろん、出張買取も行っておりますので、ご不要のレコードがありましたらこちらのお問い合わせフォームより是非ご連絡ください!

Top