浅野達彦 - ドシンの跡を追って "In The Wake Of Doshin, the GIANT" (LP) '22

型番 SR2D1010
販売価格 SOLD OUT
- NEW RELEASE-
Silent River Runs Deep / Japan / 2022 / SR2D1010
Media: New
Jacket: New
<コンディションについて - about condtion>

'96年にMoodman主宰のレーベル M.O.O.Dからソロ・デビューした音楽家で画家の浅野達彦が、'00年にリリースしたトロピカル・アンビエント傑作が初のアナログ化!CDでリリースされたオリジナルは現在Discogsなどで高額取引されているレア盤。Mono Fontana、Alejandro Franov、Eblen Macariなどの再発・アナログ化を手がけた国内注目レーベル、Silent River Runs Deepからの見逃し厳禁の1枚です!

以下レーベルインフォです。

架空の南国の島を舞台としたトロピカル・アンビエント! NINTENDO64DD用ゲーム「巨人のドシン1」オリジナル・サウンドトラックが初の公式LPレコード化!

個人的に浅野氏の大ファンである僕は、ザ・なつやすみバンドで演奏を依頼した。「蛍」という或る故人を送る曲で、氏の所作は燐の如く光を灯していた。ドシンの世界でも、氏はギターを弾いている訳ではない。灯台の様に導き、惑わし。気づいたら僕らはあっちの世界へ。
- MC.sirafu (片想い/ザ・なつやすみバンド/うつくしきひかり)

1996年、Moodman 主宰のレーベル M.O.O.D.よりソロ・デビュー。2001年、そのデビュー作を手にした Alec Empire から熱烈なオファーを受け、彼が立ち上げたレーベル Geist から初のフル・アルバムをリリース。その他、Daisy World、Transonic 等、レーベル・コンピレーションへの楽曲提供をはじめ、種々様々なプロジェクトの音楽を手掛けてきた、浅野達彦。2000年に発表された本作品は、新録音や 64用に変換される前のゲームでは未使用のヴァージョンを加えた全 15曲収録。

「ふわふわしてふさふさしていてやわらかくてあったかい生き物のような、山の向こうで鳴っているような音楽」と浅野氏本人が語るように、愛嬌がありつつもどこか掴みどころがない、その風変わりな佇まいは、無数に存在するゲーム・ミュージックの中でもひと際異彩を放っている。

LPレコード化にあたり、リマスタリングは Kuniyuki Takahashi 氏が担当。

A1 “巨人のドシン1”のテーマ
A2 黄色い巨人
A3 バルト島からずっと
A4 記憶の島
A5 5度の光
A6 たき火
A7 何もない島
B1 朝のジャングル
B2 楽園地帯
B3 黄色い巨人 リプライズ
B4 祭りの音楽
B5 祭りの準備
B6 時間
B7 草いきれ
B8 人々の暮らし



#ambient #tropical

UPDATED: 2022.05.24

お買い上げ金額11,000円以上(税込)で送料無料!

お買い上げ金額11,000円以上ご注文のお客様には送料を無料にさせていただきます。
(沖縄・一部離島を除く:上記金額以上をお買い上げの方にはゆうパック送料より500円(税込)を割引かせて頂きます。)

一ヶ月間お取り置き可能

初回ご注文より一ヶ月ほどのお取り置きが可能です。

Discogsにも当サイトに未掲載のアイテムを出品しています。

ご不要のレコード買取ります!

レコードの買取も随時行っております。郵送での買取はもちろん、出張買取も行っておりますので、ご不要のレコードがありましたらこちらのお問い合わせフォームより是非ご連絡ください!

Top